サウナ!温泉!銭湯! 闘魂 THE ボイラー
   

温浴人最前線 ザ・ボイラー

温泉・サウナ・銭湯・スポーツクラブ…温浴業界の ハートの熱い経営者・運営者様に送る旬の業界人のコラムを掲載。 業界最新動向と未来を語るフリーペーパーです。

 

[プロフィール]
熱波アドバイザー/月刊サウナ 制作委員
サウナ皇帝・熱波師 井上 勝正

2009年プロレスラー廃業後、横浜鶴見区にあるスーパー銭湯『ファンタジースパ&サウナ おふろの国』に入社。ロウリュ熱波で日本各地のお客様に熱波と情熱を届ける。また、老若男女を引きつけるその熱きキャラクターで、サウナ熱波以外の子供向けお風呂イベントでも活躍、ライターとしても様々な媒体で執筆。
現在一児の父でもある。

[ブログ]井上勝正・風呂上がりの夜空に。
http://ameblo.jp/0455854126

 

それが魂の着火点

<vol.10>
株式会社メトス 
新規事業部  塙 康典
       
× 井上 勝正

「テントサウナ」
 それは
  〝グランピング 〟の
    新しい提案 です!!


2016年の11月、ボクは地図を受け取っていた。
そこに記されていたのは東京は昭島のモリパーク アウトドアヴィレッジってところ。

ここで日本を代表するサウナメーカーの
株式会社メトス (以下メトス ) が「 薪火 まつり 」って
アウトドア系のイベントを主催するって話なんだ。

………………こりゃスゴい事だ!

ボクは 今でこそ サウナを含めたガチガチのインドア派として有名だが、その昔は アウトドアの鬼と呼ばれていたぐらい。
中学二年辺りの夏休みなどは山、川、海をボクは 活動範囲としていた。
持っていった資金(三千円ぐらい)と魚釣り等で自給自足の様な夏休みを送っていたものだ。

そんで、最近〝グランピング〟って聞くじゃないですか、
そんな関係のビッグアイテムをメトスがフィンランドより送り込んでくる。
と以前より情報を得ていたので
「すべての点と点が繋がったぞ…!」と合点がいったのであった。

………………ハハァ~ん…!と。

?〝グランピング〟知らないの?
〝グランピング〟って、グラマラス( 豪華な ) とね、キャンプ を合体させた造語さ。

ま、大自然の中で まるでリゾートホテルにいるかの様な空間を作って アウトドアを楽しむって いう
そう、自分に贅沢させてあげるキャンプの事。

こで サウナメーカー であるメトスが遂に 以前よりの構想を実現させた。
「 テントサウナ 」を 設営して 野外で本格的なサウナ入浴を体験してもらおうって取り組みを!!

テントサウナだよ! 
これを御披露目するのはこの「薪火まつり」がアウトドア業界初。
つまり歴史的 イベント となる。

写真を観てほしいね。
ガチの メインテントサウナ。 
しかも薪ストーブ。
ケージ ( 網 ) の 中には セラミックで加工されたメトスストーンが入っている。

そして ロウリュも出来るんだよ。
何でボクが呼ばれたか、だんだん分かってきたでしょ!

の「薪火まつり」、現場を総指揮しているのは
株式会社 メトス 新規事業部 塙(はなわ)康典さん 。


「このテントサウナ(メインテント)のヒーターはフィンランドのメーカーの物で『kivi-ikiサウナ』と言います。
薪ストーブから排気棟が伸びているでしょう、それがストーンへの熱伝導になる!
薪の炎で ストーンを熱します。」

そのストーンの詰められたケージ(網)の上には水を入れるタンクが。


「あれはメトスが改造して取り付けたパーツです。 
内部には水が入っていて此方も熱せられてお湯になり、暖を取るだけでなく
ロウリュ時にはこれをストーンにかける事が出来ます。
テントサウナでストーンを冷ますことなく良いロウリュも受けれる様にです。
その為に井上さんに来ていただいたのです。」

して一般の入浴者をテントサウナに迎え入れ、ボクはロウリュを点てる。

いくらロウリュが出来るテントサウナでも
室内の様には完全密封できません。
なので
出来るだけ長い時間 テント内に満ちる
ロウリュを体感してもらうため
熱波道バスタオルで短時間空気を
旋回させるだけで入浴者を扇ぐ事はしない。

でないとテントサウナの煙突の隙間からロウリュがすぐに逃げてしまう。

しかし薪の炎で熱されたストーン、それにメトスが改造したタンクから取った熱湯は良いロウリュを点てることが出来る。

ロウリュ(熱された水蒸気)がテントサウナ内に滞留する何分かの時間、
まさに精霊が宿る 神聖なる時間だ。

みんな 「 …はぁぁッ!これは気持ち良い!」と絶賛。


「Kivi-ikiサウナの薪がはぜる音…これ良いんですよ、ぜひ聴いてもらいたい。
小さい時キャンプ行った思い出のある人でも、
大人になるとなかなかそんな機会もなくなりますよね。
そんな時にテントサウナをきっかけに
家族で再び、キャンプにでかけたらいかがでしょうか?
特に、家族皆でサウナに入り家族愛を高めることができると思います。
そして、ご自身でサウナシーンをつくれることが醍醐味なのです。
テントサウナはキャンプしながらお風呂に入る感覚なんです、水着でね!!
友達や、恋人たちも楽しめ、新しいアウトドアライフの発見がありますよ!
…和みの時間、それを増やしていただきたい。」

その心を豊かにすることがまさに
「グランピングの新しい提案ですね。」
大切なのは 皆さんの〝心〟だよ。

のテントサウナ ( メインテント ) は販売用ではありません。
今回のイベントで初デビューしました。


「テントサウナは雪の積もってる処でも設営出来ます。
サウナで火照った体を雪でクールダウンする。
気持ち良いですよ!
ホテルなどの敷地の空きスペースを利用してアウトドアエリアをつくりテントサウナで宿泊客のおもてなしも面白いのでは?
ぜひテントサウナをご覧になっていただきたいですね。」

テントサウナのお問い合わせは株式会社メトスまで。

平瀬雅洋氏[プロフィール]
株式会社 メトス 新規事業部
塙 康典 (はなわ やすのり)
横浜市出身 1963年11月生まれ 53歳

メトス勤務は3年半。
企画部、営業部、東京営業所(福祉営業)を経て、現在、新規事業部で
主にテントサウナを担当。薪火を使ったアウトドアライフを提案中。


[会社概要]
1947年 創立
1966年 フィンランド・メトスサウナを導入し、サウナブームの先駆者となる。
1979年 暖炉や薪ストーブのスウェーデン・コンツーラ社、ベルギー・ドブレ社の輸入販売開始。
     「炎」を取入れた生活スタイルの企画提案の先駆けとなる。
2002年 スウェーデン・アルジョ社、ドイツ・メディテクリック社の介護浴槽の輸入販売を開始。
       福祉介護に温浴の知識・経験を生かした個浴入浴は先発して市場から評価を得ている。
2006年 社名とブランド名を「メトス」に統一し、
     「昭和飛行機工業グループ」の一員とにスタートしました。

バスリエ 株式会社当社のコアビジネスである、「温浴」「暖炉・薪ストーブ」「プライベートサウナ」「福祉・介護」の4つの柱を『「人」の「心」と「体」をあたためる』企業ポリシーをもって、みなさまの幅広いニーズにお応えできるように、努力してまいります。

[HP]株式会社メトス→http://metos.co.jp


[バックナンバー ]


やかん
〈vol.1〉 放送作家 柴田健太郎氏 × 井上勝正

やかん〈vol.2〉 芸人 児玉智洋氏(サルゴリラ) × 井上勝正

やかん〈vol.3〉 エーワン東京 代表取締役 鈴木明氏 × 井上勝正

やかん〈vol.4〉 バスリエ株式会社 代表取締役 松永武氏 × 井上勝正

やかん〈vol.5〉 株式会社 メトス 取締役 新規事業部長 吉永昌一郎 × 井上勝正

やかん〈vol.6〉 富士・湯らぎの里 マネージャー 澤田佳秀 ×
温浴チーフ 大河原 健太 × 井上勝正

やかん〈vol.7〉 株式会社 メトス 新規事業部 平瀬雅洋 ×
ファイテン 株式会社 量販・OEM事業部 量販チーム 福地隆志 × 井上勝正

やかん〈vol.8〉ディスクジョッキー 恩田裕之 × 井上勝正

やかん〈vol.9〉ファイテン 株式会社 量販・OEM事業部 OEMチーム 
チーム長 大槻剛裕 × 井上勝正

 

温浴人最前線 ザ・ボイラー

温泉・サウナ・銭湯・スポーツクラブ…温浴業界の ハートの熱い経営者・運営者様に送る旬の業界人のコラムを掲載。 業界最新動向と未来を語るフリーペーパーです。

 
温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行 温浴人最前線ザ・ボイラーVol.1[2013.10.23発行] 温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行
           
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
vol.2

[2014.11.26発行]
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
vol.1

[2013.10.23発行]
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
創刊準備号

[2012.11.20発行]

 

 

温浴人最前線ザ・ボイラーVol.2[2014.11.26発行]

温浴人最前線
ザ・ボイラー
Vol.2
[2014.11.26発行]

神田悠司氏

温浴人最前線
中山貴伸氏

藤橋遼氏

渡部郁子氏

長沼秀三氏



 

温浴人最前線ザ・ボイラーVol.1[2013.10.23発行]

温浴人最前線
ザ・ボイラー
Vol.1
[2013.10.23発行]

小島希世子氏

温浴人最前線
柿崎光昌氏
久下沼 伊織氏
アブドーラ・小林氏



 

温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行

温浴人最前線
ザ・ボイラー
創刊準備号
[2012.11.20発行]

温浴人最前線
飯田尚呉氏

出津英文氏

山崎寿樹氏

 

〈ザ・ボイラーについてのお問い合わせ〉
E-mail:yukichi@ofuronokuni.co.jp
TEL:050-5519-2461
発行: 一般社団法人おふろ元気プロジェクト 理事・林和俊
 〒230-0012 横浜市鶴見区下末吉2-25-23 
制作:(有)オアシス THEボイラー編集部 編集長・鬼塚麻子

 

inserted by FC2 system