サウナ!温泉!銭湯! 闘魂 THE ボイラー
   

温浴人最前線 ザ・ボイラー

温泉・サウナ・銭湯・スポーツクラブ…温浴業界の ハートの熱い経営者・運営者様に送る旬の業界人のコラムを掲載。 業界最新動向と未来を語るフリーペーパーです。

 

[プロフィール]
熱波アドバイザー/月刊サウナ 制作委員
サウナ皇帝・熱波師 井上 勝正

2009年プロレスラー廃業後、横浜鶴見区にあるスーパー銭湯『ファンタジースパ&サウナ おふろの国』に入社。ロウリュ熱波で日本各地のお客様に熱波と情熱を届ける。また、老若男女を引きつけるその熱きキャラクターで、サウナ熱波以外の子供向けお風呂イベントでも活躍、ライターとしても様々な媒体で執筆。
現在一児の父でもある。

[ブログ]井上勝正・風呂上がりの夜空に。
http://ameblo.jp/0455854126

 

それが魂の着火点

<vol.14>
株式会社 クア・アンド・ホテル
信州健康ランド 支配人 小久保 実 ×
石和健康ランド 浴室課課長 浅原 裕介 ×
信州健康ランド フロント課主任 秋山 達也 ×
石和健康ランド フロント課 佐藤 美咲 ×
             井上 勝正

皆で同じベクトルの
向こう側へ!    
私達は 地元で頑張りたい!!


回開催より 2年の刻を経ていよいよ 6月13日 に 第4回大会が幕を開く「 おふろ甲子園 」!!
この「ザ・ボイラー」でもその首脳陣にお話しを伺い 
コンセプトそのものを聞いているのだが (バックナンバーvol.12参照)

先日 大会前に決勝出場の全店舗が参加してその向かうべきベクトルを定める
おふろ甲子園ガイダンス が都内で行われたので ボクも見学させていただいたのだ。

過去注目は おふろ甲子園の第2回大会と第3回大会を
株式会社 クア・アンド・ホテルの系列が連覇している事だろう。
(ボクはその内の第3回おふろ甲子園のレポートを温浴専門フリーペーパー、
当時「湯きち」でレポートしているので バックナンバーを持っている人は是非とも読み返してみてほしいね。)

 

ア・アンド・ホテル グループ http://www.kur-hotel.co.jp 

しかし、お話しを伺ってみると何故、
株式会社 クア・アンド・ホテル 系列の店舗が連覇したのが
解ると言うものだ。

この「ザ・ボイラー」でも Vol.12で記した通りだけど、
おふろ甲子園の大会主旨は、

『 お店のコンセプト、
何を打ち出しているお風呂屋さんであるか?
そしてそこで自分達がやって来た、また今まさにやっている事を語源化出来てそれを 観ている人に、
何よりも現場において 確りと解りやすく伝える事が出来る、
個々の人間力を備えるプロのチームの育成。』それである。

更に『そしてそれをノウハウ化して広く横に繋げていく』事こそ
もっとも、おふろ甲子園が切望していることなのである。

 

その視点から観るとするならば 、第2回、第3回と系列店で優勝を果たした
株式会社 クア・アンド・ホテル
『信州健康ランド』 と『石和健康ランド』こそが 
おふろ甲子園の理念を完璧に近い形でノウハウ化した 、現在のところの「理想形」だと言っても過言ではないだろう。

簡単に言うと第2回大会を優勝した『石和健康ランド』が
そのコンセプトの打ち出し方をスタッフ&従業員それぞれ理解しノウハウ化して
『信州健康ランド』をはじめ他の系列店に伝えていたのならば、
それは間違いなく横への繋がりも完全に行われたと言って良いのだと思う。

そしてそれ以外にない。

 

回 おふろ甲子園ガイダンス 参加の
株式会社 クア・アンド・ホテル
『信州健康ランド』支配人 小久保 実 さん

小久保
「前回は裏方でした、会場には行ってないんです。
信州健康ランドの皆を集めて向かうべきところを、
皆の気持ちを一つにすると言うか、そういう事を裏でやってましたね。
会社全体で同じ方向を向けるようにね、まぁ苦労もありましたけどね…ハハハ(笑)。
今年はステージ!そこに立って自分の想いも伝えたいですね。」

 

『信州健康ランド』フロント課主任 の 秋山 達也 さん

秋山さんもステージには立ってない。
前回はステージに立った信州健康ランドのメンバーの後ろの巨大スクリーンにお店のデータや写真を投影させるためのプレゼンテーションソフト操作のために会場全体を見渡せる後方でノートパソコンの前に座っていた。

秋山
「ボクは会場には行きましたけど裏方としての参加です。
会場の後ろの方からですね、ステージに立つ皆の姿を観てました。
その時の印象が強烈なんで…でも正直、その時の皆を超えたいって思ってます…難しいけど。
ボクもステージで燃えたい!」

 

イダンスとは指導だ。
そこには自発的な発展を遂げることが目的、
そして出場の店舗が同じベクトルに向かうこと、それも目的。

株式会社 クア・アンド・ホテル 
『石和健康ランド』浴室課 課長 浅原裕介 さん 

浅原さんは株式会社クア・アンド・ホテルのコンセプトを周りから取り入れ、このガイダンスでそのベクトルがまさに目の前に見えた一人なのではないか?

浅原
「プレゼンのステージに立てるって事は否が応でも意識が高まりますよね。
さらに進化するウチだけのモノ出したいって気持ちもあります。
㈱クア・アンド・ホテルから信州も石和も一緒に出る訳じゃないですから(笑)、別々のエントリーなんでライバルですよ!
競いあってお互いを高めないと。(笑)
…でもなんかまだ〝自分がステージに立ってやるんだ〟って言う実感が湧かない、
まだまだ会社に戻ってからいろんな人の話を聞きたいです。」

回のガイダンス、参加者中紅一点の
『石和健康ランド』佐藤 美咲さんの話は
コンセプトと言うものでもない、
…だけど、佐藤さんのこんな話こそ 胸に響いて人の心を離さないのではないだろうか。

佐藤
「私は石和健康ランドに入って5年です。
はい、山梨は私の地元です。
私は石和健康ランドが大好きなんです、 父も母も石和健康ランドが大好きです。 離れたくありません。
今回 家族が 会社の仲間と一緒に行って来いって送り出してくれたんです。
私はみんながいる地元で、 株式会社クア・アンド・ホテルで頑張りたいんです!」

何か大きなものを支えているのは、 その真ん中にあるものは、
       いつだって そういう人達のそんな〝やさしい気持ち〟なのだ。

小久保 実氏[プロフィール]

株式会社 クア・アンド・ホテル
信州健康ランド 支配人
小久保 実 (こくぼ みのる)
静岡県出身 1月5日生まれ


浅原 裕介氏株式会社 クア・アンド・ホテル
石和健康ランド  浴室課 課長
浅原 裕介 (あさはら ゆうすけ)
静岡県出身 4月18日生まれ


秋山 達也氏株式会社 クア・アンド・ホテル
信州健康ランド フロント課 主任
秋山 達也 (あきやま たつや)
山梨県出身 5月15日生まれ


佐藤 美咲氏株式会社 クア・アンド・ホテル
石和健康ランド フロント課
佐藤 美咲 (さとう みさき)
山梨県出身 8月7日生まれ


[会社概要]燈屋
1979年10月 山梨県甲府市朝日2丁目にて、「(有)甲府プリンスホテル」
       (資本金500万円)を設立。
       ビジネスホテル「朝日館」(本社)を新築。
1989年06月 山梨県笛吹市石和町に、ビジネスホテル及び健康ランド
       併設の「石和健康ランド」を新築。
       レジャー部門・産業部門にも本格的に進出を図る。
1994年04月 社名を「(株)クア・アンド・ホテル」に変更する。
       本社を丸の内館に移転し、本部組織を設置する。
1995年06月 長野県塩尻市に、ビジネスホテル及び健康ランド併設の「信州健康ランド」を新築。
2002年04月 静岡県清水市(現静岡市)に、ビジネスホテル及び健康ランド併設の
       「駿河健康ランド」を新築。
2013年11月 石和健康ランドが社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト主催の
       第2回おふろ甲子園決勝大会で優勝。(平成25年11月26日:渋谷公会堂)
2015年06月 信州健康ランドが社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト主催の
       第3回おふろ甲子園決勝大会で優勝。(平成27年6月26日:日比谷公会堂)

山梨県甲府市に本社を置き、1979年会社設立以来、ビジネスホテル(1拠点)、健康ランド(3拠点)を運営するグループ。ビジネスホテルと健康ランドを一体化した「クア・アンド・ホテル」のビジネスモデルを国内で初めて開発。多彩なタイプの客室・20種類以上のお風呂とサウナ・各種飲食店やリラクゼーション設備等充実した施設で癒しの空間を創りあげ、年間を通じて賑わいを演出するイベント企画と、独自の創意工夫によるテナントとの協力関係構築などにより、顧客から高い評価を受けている。

[株式会社クア・アンド・ホテル]http://www.kur-hotel.co.jp


[バックナンバー ]


やかん
〈vol.1〉 放送作家 柴田健太郎氏 × 井上勝正

やかん〈vol.2〉 芸人 児玉智洋氏(サルゴリラ) × 井上勝正

やかん〈vol.3〉 エーワン東京 代表取締役 鈴木明氏 × 井上勝正

やかん〈vol.4〉 バスリエ株式会社 代表取締役 松永武氏 × 井上勝正

やかん〈vol.5〉 株式会社 メトス 取締役 新規事業部長 吉永昌一郎 × 井上勝正

やかん〈vol.6〉 富士・湯らぎの里 マネージャー 澤田佳秀 ×
温浴チーフ 大河原 健太 × 井上勝正

やかん〈vol.7〉 株式会社 メトス 新規事業部 平瀬雅洋 ×
ファイテン 株式会社 量販・OEM事業部 量販チーム 福地隆志 × 井上勝正

やかん〈vol.8〉ディスクジョッキー 恩田裕之 × 井上勝正

やかん〈vol.9〉ファイテン 株式会社 量販・OEM事業部 OEMチーム 
チーム長 大槻剛裕 × 井上勝正

やかん〈vol.10〉株式会社メトス 新規事業部 塙 康典 × 井上勝正

やかん〈vol.11〉株式会社メトス 営業部 企画グループ担当部長温浴
ソムリエ炎の伝道士  岩崎 秀明 × 井上 勝正

やかん〈vol.12〉一般社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト 代表理事 山崎 寿樹 × 一般社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト 理事 久下沼 伊織 ×
一般社団法人ニッポンおふろ元気プロジェクト 監事 酒寄 学 × 井上 勝正

やかん〈vol.13〉源泉湯 燈屋 代表取締役 社長 館主 氏原 敦 × 井上 勝正

 

温浴人最前線 ザ・ボイラー

温泉・サウナ・銭湯・スポーツクラブ…温浴業界の ハートの熱い経営者・運営者様に送る旬の業界人のコラムを掲載。 業界最新動向と未来を語るフリーペーパーです。

 
温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行 温浴人最前線ザ・ボイラーVol.1[2013.10.23発行] 温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行
           
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
vol.2

[2014.11.26発行]
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
vol.1

[2013.10.23発行]
やかん 温浴人最前線 ザ・ボイラー
創刊準備号

[2012.11.20発行]

 

 

温浴人最前線ザ・ボイラーVol.2[2014.11.26発行]

温浴人最前線
ザ・ボイラー
Vol.2
[2014.11.26発行]

神田悠司氏

温浴人最前線
中山貴伸氏

藤橋遼氏

渡部郁子氏

長沼秀三氏



 

温浴人最前線ザ・ボイラーVol.1[2013.10.23発行]

温浴人最前線
ザ・ボイラー
Vol.1
[2013.10.23発行]

小島希世子氏

温浴人最前線
柿崎光昌氏
久下沼 伊織氏
アブドーラ・小林氏



 

温浴人最前線ザ・ボイラー 創刊準備号[2012.11.20発行

温浴人最前線
ザ・ボイラー
創刊準備号
[2012.11.20発行]

温浴人最前線
飯田尚呉氏

出津英文氏

山崎寿樹氏

 

〈ザ・ボイラーについてのお問い合わせ〉
E-mail:yukichi@ofuronokuni.co.jp
TEL:050-5519-2461
発行: 一般社団法人おふろ元気プロジェクト 理事・林和俊
 〒230-0012 横浜市鶴見区下末吉2-25-23 
制作:(有)オアシス THEボイラー編集部 編集長・鬼塚麻子

 

inserted by FC2 system